fc2ブログ

「最近の記事」

中岡俊哉伝説

2022/05/24         

NHK-BSの「ダークサイドミステリー」の先日の題材は中岡俊哉。司会はゴーゴー夕張こと栗山千明。心霊写真研究などで日本オカルト業界の代表的な人物で、我々の世代には矢追純一、新倉イワオ、つのだじろう、といった人々と共に輝ける恐怖のオカルト男のひとりでした。子供の頃は純粋だったので心霊写真は心底怖かったし、UFOも信じていましたよ。「アイゼンハワー大統領が宇宙人と密約!」とか言われると、「窓から宇宙人が顔をの...

ザ・アニメージ、発進せよ!

2022/05/23         

左:ガスパル  右:ザリグフルアーマー百式やゴーダムが終わったのでザ・アニメージに本格的に取り掛かります。敵メカの1体、「ガスパル」はエルガイムmk2やZガンダムのような可変メカにしてしまいます。もう一体の敵メカ「ザリグ」は原典でガンダムハンマーのようなトゲトゲの球を武器にしているので、昔買ったガレージキット、1/12フィギュア用の武器を引っ張り出しました。主役のバイソンは本体の手直しをしつつ、武装を製作...

オージェ 装甲製作

2022/05/21         

特徴的な装甲板をプラ板で製作。腰の特徴的な角度のスカートを形成できれば、何とかそれっぽく見えるのではないか?と思い、1ミリプラ板と3ミリ三角棒の組み合わせで作ってみます。各部の装甲板はプラ板を切ってはヤスリ掛けでエッジの角度を出してゆく作業の繰り返し。ライバルであるザ・アニメージ・バトルスーツ「バイソン」と。...

偽アニメスケール ゴーダム・岬洋子 完成

2022/05/19         

こういう体型のロボが主役メカだったアニメがあった、というのが今となっては信じられないですが、児童向けアニメの枠の中で女子(中学三年生)が主人公で主役グループのリーダー、というのも含めて野心的な作品だったと思います。さすが70年代タツノコプロでしょうか。大河原メカの特徴として『テッカマン』のぺガスやメカンダーロボもそうなのですが、ロボットに「襟」が存在します。大河原御大がかつて紳士服メーカーに勤めてい...

フルアーマー百式改完成。

2022/05/17         

1/144ガンダムmk2との比較。大体1/220くらいの大きさだと思います。腹などは出来るだけ細く作ったのですが、そもそもフルアーマーというのは増加装甲と武装を増やせるだけ増やした形だと思うので、見た目が明らかに「デブ」、そして動かしにくい形になりました。しかし、肩にミサイルポッドとビームキャノン、胸にハイメガキャノン、腕と両脚脇にミサイル、という具合にやたら攻撃的に武装を増やしているのでこれならスパロボ世界...